香港の海洋公園に2頭のジャイアントパンダが中国政府から寄贈されることが決定し数か月以内に到着すること、香港永住権保有者が観光や出張などで中国本土の訪問時に使えるHome Return Permitの発行が開始すること、中国本土から訪れる中国人観光客の免税枠が最大15,000人民元に引き上げられたこと、地下鉄MTRは乗車運賃を最大3.09パーセント値上げしたことをお伝えします。


■海洋公園へジャイアントパンダ2頭の寄贈が決定

香港のテーマパーク「海洋公園(オーシャンパーク)」に2頭(オスとメス)のジャイアントパンダが中国政府から寄贈されることが決定し、香港政府は数か月以内に到着する予定だと発表しています。現在、香港には2007年に中国から寄贈された香港へ贈られたオスの「樂樂(ラーラー)」とメスの「盈盈(インイン)」の2頭が元気に暮らしています。インターネット上では、新しいパンダの名前が何になるかで盛り上がっています。


■香港永久居民にHome Return Permitの発行開始

2024年7月10日(水)より、香港政府は香港永住権保有者に対して、中国本土の訪問時に使える「回郷證(Home Return Permit)」を発行すると発表しました。Home Return Permitを取得すると5年間の有効期間内にビザを取らずに中国本土へ何度でも訪れることができ、1回の訪問につき最大90日間の滞在可、入境カードへの記入が不要となり自動化ゲートを利用できます。


具体的な詳細は未発表ですが、日本人でも香港永住権(香港パーマネント)を持つ者であれば対象となりそうです。観光、出張、投資、セミナー、交流、親族訪問などの目的で使用できます。就労、就学、報道の目的での訪問は禁止されています。


■中国人観光客の免税枠が15,000人民元に引き上げ

2024年7月1日に、中国本土から訪れる中国人観光客の免税枠が、最大8,000人民元から最大15,000人民元(約16,120香港ドル、約333,500円)に引き上げられました。香港政府は、免税枠の引き上げで中国人観光客による消費が年間最大176億香港ドル増えるだろうと見積もっています。


■MTR運賃が6月30日から最大3.09%値上げ

香港の地下鉄MTRは2024年6月30日から乗車運賃を最大3.09パーセント値上げしました。例として、東涌(トンチョン)駅から香港駅までの場合は大人0.7香港ドル(約14.5円)値上げされ24.3香港ドルとなります。

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み