スイス国際経営開発研究所(IMD)が、世界67ヶ国・地域の経営環境を評価した「世界競争力ランキング2024」を発表しました。香港は前年の7位から順位を2つ上げ5位、日本は過去最低であった前年の35位からさらに3つ順位を下げて38位となりました。


トップ10をみると、1位はシンガポール、2位はスイス、3位はデンマーク、4位はアイルランド、5位は香港、6位はスウェーデン、7位はアラブ首長国連邦、8位は台湾、9位はオランダ、10位はノルウェーとなっています。


世界競争力ランキングは4分野を統計データと企業幹部への意識調査などを組み合わせて評価しています。4分野とは「経済状況(国内経済、国際貿易、国際投資、雇用、物価)」、「政府の効率性(財政、租税政策、制度的枠組み、ビジネス法、社会的枠組み)」、「ビジネスの効率性(生産性と効率性、労働市場、金融、経営プラクティス、取り組みと価値観)」、「インフラ(基礎インフラ、技術インフラ、科学インフラ、健康と環境、教育)」です。


香港は新型コロナウイルスの影響から回復しており、「経済状況」の評価では前年36位から11位に上昇し(国際貿易で1位)、「政府の効率性」では3位(ビジネス法で1位)、「ビジネスの効率性」では7位、「インフラ」では9位となりました。日本は「ビジネスの効率性」の評価が51位と特に低く、一方で国内経済(5位)、雇用(6位)、科学インフラ(10位)などは高く評価されています。


世界競争力ランキング2024は以下IMDのホームページから確認できます。

https://www.imd.org/centers/wcc/world-competitiveness-center/rankings/world-competitiveness-ranking/rankings/wcr-rankings

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み