ドラえもんをテーマにしたロープウェイが香港の昂坪360に登場すること、日本マクドナルドの社長に香港出身のトーマス・コウ氏が就任すること、中国南方航空が香港とハルビンの直行便の運航を開始したことをお伝えします。


■香港にドラえもんのロープウェイが登場

香港の絶景ロープウェイ「昂坪360(ゴンピン360)」は、ドラえもんをテーマにしたロープウェイの運行を今月中に開始します。香港では現在、ドラえもんをテーマにした電車も走行しており、7月から開催されるドラえもん展覧会「100% DORAEMON & FRIENDS Tour(100%ドラえもん&フレンズツアー)」の一環としておこなわれています。


ゴンピン360は、ランタオ島の東涌(トンチョン)駅と昂坪(ゴンピン)駅を結ぶ、全長5.7kmの長距離ロープウェイです。床が透明なクリスタルキャビンに乗車すれば真下の絶景も楽しめます。また、従来のクリスタルキャビンは床面と側面の一部のみガラス張りでしたが、2022年末より四方の側面も全てガラス張りのキャビン「Crystal+(クリスタルプラス)」も登場し人気のアトラクションとなっています。ゴンピン360は2024年1月~5月中旬の利用者数が前年比約40%増加しており、新型コロナ流行前の2018年の95%まで回復しているようです。


■香港人が日本マクドナルドの社長に就任

日本マクドナルドホールディングス(持株会社)は、日本マクドナルドの社長に香港出身のトーマス・コウ氏(48歳)が就任すると発表しました。6月14日に予定されている臨時株主総会などを経て正式に就任となる予定です。


香港出身のトーマス・コウ氏は2000年に独カールツァイスビジョンに入社後、ボストンコンサルティンググループを経て、2010年に米マクドナルド(McDonald’s Corporation)に入社。マクドナルドのアジア・太平洋、中東、アフリカ地域の消費者戦略ディレクターとして活躍した後、韓国やポルトガルのマクドナルドで幹部を務め、現在は日本マクドナルドホールディングス株式会社の取締役を務めています。


■香港とハルビンの直行便が就航

中国南方航空が香港とハルビン(哈爾浜)の直行便の運航を昨日より開始しました。現時点で木曜日と日曜日のみの運航となっており、5時間の移動時間でハルビンに到着します。


ハルビン(哈爾浜)は、中国の最北東に位置しロシアとの国境に接する黒竜江省の省都です。毎年1月~2月頃に開催される氷雪大世界(ハルビン氷祭り)が有名で、その他にもロシア正教会の聖ソフィア大聖堂も人気の観光地となっています。

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み