本日は、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道に新しく湖南省行きの路線が開通し、人気観光地である張家界までは約6時間30分で到着できるようになること、現在台風警報シグナル1が発令されており本日16時から18時の間にシグナル3に引き上げられる予定であることをお伝えします。


■高速鉄道に湖南省の張家界行きの路線が開通

6月15日(土)より、香港と中国本土を結ぶ高速鉄道に新しく湖南省行きの路線が開通します。湖南省の人気観光地である張家界(ちょうかかい)までは約6時間30分で到着することができます。


今回、新たに追加される停車駅は、邵陽、懷化南、洞口、鳳凰古城、吉首東、張家界西の6駅であり、本数は1日1往復のみとなります。


香港西九龍駅を朝8時30分に出発し、張家界西に14時52分に到着。張家界西を15時20分に出発し西九龍駅に21時50分に到着します。西九龍駅から張家界西まで、最も安い二等車の大人チケットは片道769中国元(約16,650円)であり、チケット販売は明日6月1日(土)に開始します。


張家界は映画「アバター」のモデルになった世界遺産「武陵源」が世界的に有名で、高さ200メートルを超える岩の柱が3,100本以上も林立する岩山の絶景が望めます。また、途中停車駅の一つである湖南省の鳳凰古城も人気観光地であり、主にミャオ族やトゥチャ族の少数民族が集まって暮らしている、美しい風景と古い歴史を誇る国家級歴史文化都市の一つです。


高速鉄道の詳細な時刻表と運賃表は以下MTR高速鉄道ウェブサイトから確認することができます。


時刻表

https://www.highspeed.mtr.com.hk/en/ticket/timetable.html


運賃表

https://www.highspeed.mtr.com.hk/en/ticket/fare.html


■台風警報発令中、16時以降にシグナル3を予定

台風警報シグナル1が発令されており、香港天文台は本日16時から18時の間にシグナル3に引き上げることを予定しています。風が強まり大雨が予想されていますのでご注意ください。


なお、台風シーズンが近づく中、香港国際空港は新しいタクシー発券システムを導入しました。このシステムは、「台風警報シグナル8以上または黒雨警報以上」が発令され、タクシーの需要と供給に不釣り合いがみられた場合に空港当局が実施の要否を決定するようです。


決定の際には、飛行機の着陸前に空港当局が航空会社に連絡して乗客に発券方法などのプロセスを案内し、発券の受け取りは到着ホールのキオスクまたは香港の予約アプリGULUを使用することになるようです。そして、出発ホールには500個以上の椅子(必要があれば1,000個)が設置され、全ての席に「クラッカー、ペットボトルの水、ブランケット」が配布され、椅子の近くには携帯電話を充電できるロッカーを設置予定とのこと。

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み