日本の炭火焼ハンバーグと炊きたてご飯専門店の「挽肉と米(ひきにくとこめ)」が香港1号店を5月7日(火)に中環(セントラル)のifcモールにオープンします。挽きたて、焼きたて、炊きたての「3たて」にこだわり、毎朝店内で挽いた牛肉100%の挽肉をお客様の前で炭火焼きにして提供する話題の大人気店となっています。


挽肉と米は、「山本のハンバーグ」を展開するORES COMPANY(おれカンパニー)社長の山本昇平氏、「一風堂」を展開する力の源ホールディングス元社長の清宮俊之氏、メディアや商品のプロデュースを行うPOOL代表の小西利行氏の3人が2019年3月に立ち上げました。最初の店舗スペースが見つかるまでの間はフードトラックで営業し、2020年6月に吉祥寺に1号店をオープンしました。現在は日本国内で渋谷、京都、今泉(福岡)に展開しており、2023年7月に海外初の旗艦店を台湾の台北にオープンしました。


挽肉と米の香港店の運営は、香港で焼肉の「牛角」や鍋料理「しゃぶしゃぶ温野菜」などをフランチャイズ展開する大手外食チェーンのLH Group(叙福樓集團)がおこないます。


中環のifcモール店は4階のテラスにあり、入店の際は店舗で整理券の配布がおこなわれます。6月にはオンライン予約も開始する予定とのこと。メニューは日本と同様に定食のみで焼きたてハンバーグ(90グラム3個まで)、炊きたてご飯(おかわり無料)、味噌汁、卵1個、自家製ポン酢とおろしがセットになっており価格は138香港ドルです。


挽肉と米 香港1号店

場所:中環ifcモール4階平台花園

営業時間:11時〜22時(ラストオーダー21時15分)

香港フェイスブック:https://www.facebook.com/hikinikutocome.hongkong

香港インスタグラム:https://www.instagram.com/hikiniku.to.come_hongkong

日本ホームページ:https://www.hikinikutocome.com/

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み