2024年度の「アジアのベストレストラン50」が発表され、香港からは6店舗、日本からは9店舗のレストランが上位50位にランクインしました。1位には東京のフレンチSézanneが選ばれました。全ての店舗はオフィシャルサイトよりご確認いただけます。このページではベスト10にランクインをしたレストランを詳しく紹介します。


アジアのベストレストランを評価するのは300人以上の専門家(シェフ、レストラン経営者、フードライター、評論家、美食家)で、過去18カ月以内に実際に訪れたレストランに投票できる仕組みです。個人的な利害関係のあるレストランには投票できません。


1位:セザン/Sézanne (フレンチ/東京)(昨年2位)

東京のフォーシーズンズホテル丸の内に2021年オープン、ミシュランガイド東京2023にて2つ星を獲得。英国人シェフのダニエル・カルバート氏が指揮をとり、アジアの豊かな食文化への敬意を込めた没入型のネオフレンチスタイルを提供。フランスのシャンパーニュ地方の中世の町セザンにちなんで名付けられている。店内は香港を代表する建築家アンドレ・フーがデザイン。


2位:フロリレージュ/Florilège (フレンチ/東京)(昨年7位)

シェフの川手氏は料理人の家系に生まれ、2009年にフロリレージュをオープン、2018年にミシュランの2つ星を獲得。サスティナビリティに対して情熱を持っており、可能な限り地元産の食材を使用し、メニューに独特の日本らしさを吹き込む。現在、肉や魚を減らし、より多くの野菜を提供することに尽力。店内は広々としたオープンキッチンで調理の様子が眺められる。


3位:Gaggan Anand (プログレッシブインディアン/バンコク)(昨年5位)

インド出身の有名シェフGaggan Anand氏は、モダンインディアンガストロノミーの限界を打ち破ることに挑戦している。20種類以上のコースメニューには、インドのスパイスやハーブの使用、伝統的なストリートフードの再解釈など、彼の故郷の文化が数多く残されているが、日本、フランス、タイなどからの影響も伝えている。


4位:The Chairman/大班樓(広東料理/香港)(昨年13位)

厳選された旬の食材を伝統的な技法に基づいて調理しながら、新しい現代的な広東料理を創作している。2021年には1位に選ばれた。セントラルの比較的目立たない場所で評判を築いた後、パンデミック後により広くスマートでありながらリラックスできる場所に移転した。


5位:Wing/永(中華フレンチ/香港)(昨年37位)

香港で生まれカナダで育ったシェフのVicky Cheng氏は中華レストランで働いたことがなく、正式な料理の訓練も受けず独学で学び、中華料理と高級フレンチを融合したスタイルを開発。もう1店舗手がけるVeaというレストランもアジアのベストレストランに選ばれている。


6位:Nusara (タイ料理/バンコク)(昨年3位)

ニューヨークのミシュラン3つ星店で腕を磨いたタイ人シェフ・トン氏が手がけるレストランで、トン氏の祖母の名前が付けられている。伝統的でもモダンでもない、これまでにないユニークな「カラフルなタイ料理」を提供している。


7位:Sühring (ドイツ料理/バンコク)(昨年22位)

2016年にオープンする前はバンコクの高級レストランMezzalunaで働いていたドイツ人の双子の兄弟がドイツ料理をエレガントでモダンにアレンジ。ピクルスなど子供時代の思い出を組み合わせ、祖母の古いレシピまでも含む料理を提供。


8位:傅/Den (懐石料理/東京)(昨年4位)

ミシュランガイド東京2023で2つ星とグリーンスターを獲得。シェフの長谷川氏の料理は、日本の家庭料理の温かさを伝える、イノベーティブ料理として知られている。「デンタッキーフライドチキン」も話題。


9位:ラシーム/La Cime (フレンチ/大阪)(昨年8位)

2010年オープン以降、美食家の間で話題となったレストラン。シェフの高田氏はフランスパリの有名3つ星レストラン「ル・タイユヴァン」や「ル・ムーリス」で経験を積んだ人物。


10位:Odette (フレンチ/シンガポール)(昨年6位)

2008年からシンガポールに在住のシェフJulien Royer氏の料理と最高のホスピタリティーが大人気。アジアのベストパティシエ2023に選ばれたLouisa Lim氏によるデザートも。


日本では上記ベスト10の4店舗の他、14位東京ナリサワ/NARISAWA(フュージョン料理)、35位和歌山ヴィラ・アイーダ/Villa Aida(イタリアン)、39位東京茶禅華/Sazenka(中華料理)、45位福岡ゴウ/Goh(フレンチ)、47位京都チェンチ/Cenci(イタリアン)がベスト50にランクイン。


また、香港でベスト50にランクインした6店舗は4位The Chairman/大班樓(広東料理)、5位Wing/永(中華フレンチ)、16位Neighborhood(フレンチ)、27位Mono(ラテンアメリカ料理)、32位Caprice(フレンチ)、37位Ando(スペイン&日本料理)となっています。


今回発表された2024年度の「アジアのベストレストラン50(Asia’s 50 Best Restaurants)」のランキングはオフィシャルサイトから確認できます。

https://www.theworlds50best.com/asia/en/list/1-50

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み