世界体操個人総合で日本男子のエース橋本大輝選手が連覇を果たしました。史上4人目の快挙です。

 男子個人総合、決勝。大会連覇の期待がかかるエース橋本の跳馬。

 大技「ロペス」を見せると、着地もピタリと止め会場を沸かせます。

 最終種目、鉄棒ではG難度の「カッシーナ」など雄大な離し技を決めます。

 ここでも着地を止めた橋本。

 内村航平さん以来、史上4人目となる男子個人総合連覇となりました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み