表情を変えずに歩く、後藤直樹容疑者(31)。

被害者の女性から、クレジットカードをだまし取った疑いで逮捕された。

信用を得るため装っていたのが、ファッション関係などを扱う企業の社長。

女性を、「会社を経営している。条件のいい仕事をやらないか」と誘っていた。

うそのアルバイト話を持ち掛け、「仕事を始めるにはクレジットカードが必要」、「経費精算のため、カード情報を登録する必要がある」と話したという。

被害者がカードを渡すと、今度は「バレンタインのプレゼントを買う」という不可解な連絡が入った。

そしてなぜか、預けたカードで現金10万円が引き出された。

さらに、飲食代として50万円が勝手に使われていたことも明らかに。

電話で問いただすと、連絡がつかなくなったという。

後藤容疑者は、警視庁の調べに対し「被害者について全く覚えていないので、事件について話すことができません」と容疑を否認している。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

新規コメントの書き込み