カナダの鉄道会社が公開した映像。

橋に差し掛かったところで、右側に見えたのは、柵につかまる少年。
さらに、その先には線路の上を走る少年が2人。

列車の目の前を横切る少年。
一度振り返り、体をよじりながら、衝突するギリギリのところで左へよけた。

もう1人は、しばらく真っすぐ走ると、列車との距離が詰まったところで右へ。

運転士が急ブレーキをかけ、徐々に速度が落ちていくが、列車はなかなか止まらない。

ようやく完全に止まったのは、最初に少年が映ってから、およそ25秒後。

鉄道会社は、この映像を見て、「保護者たちが子どもに線路で遊ぶ危険について話すきっかけにしてほしい」とコメントしている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

新規コメントの書き込み