住宅街で女性が刺される事件が発生。
刺した男は、拳銃で頭を撃ったとみられる。

大阪・豊中市の住宅街で事件が発生。

現場の路上には多くの警察関係者が集まり、騒然としている。

マンションの入り口らしき場所には、黒い帽子と、黒い拳銃が落ちていた。

白昼の住宅街で、男が女性を刺したあと、自らの頭を拳銃で撃ち、自殺を図ったとみられる。

事件は23日午後1時ごろ、通行人の男性から消防に入った通報で発覚した。

「女性が刺された。刺した男性が拳銃で自分の頭部を撃った」。

女性は、男に腹部を複数回刺されたとみられ、重傷。

男は病院に運ばれたあと、死亡が確認された。

現場を目撃した人は「運ばれる時に、ここ(腹)に自分で手を当てていたと思うので、出血は足の方まで血がバーッと。血まみれになっていたので、大丈夫かなって」と話す。

警察には、「男が刃物を持って暴れていた」との通報も寄せられていたという。

女性が刺されたとみられる現場からは、拳銃や刃物が押収された。

消防によると、男女はともに74歳。

警察は身元の確認を急ぐとともに、事件のくわしい状況を調べている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

新規コメントの書き込み