鳴き声をあげながら、海の中を優雅に泳いでいる1頭の野生のイルカ。

一見、癒やされるが、実は迷子のイルカだという。

泳いでいるのは陸地が目の前に見える浅瀬。

ここは福井県の鷹巣海水浴場。
年間5万人の海水浴客が訪れる人気スポット。

春先から、この付近で野生のイルカの目撃情報が相次いでいた。

実際に、このイルカと触れ合った人は…

イルカを見た人「本当に触れるぐらいの距離」、「水族館より近い。硬かったよ、硬いです」、「わたしボードツンツンされたよ。めっちゃ近寄ってくる」

この野生のイルカは、群れからはぐれた1頭とみられ、うわさを聞きつけ海水浴場に見に来る人も。

警戒心がないかのように無邪気に近寄ってくるが、時には口をパクパクさせながら、かむようなしぐさを見せる。

地元の観光協会は、野生のイルカに警戒感をあらわにする。

鷹巣観光協会・小玉征子会長「顔とか目や鼻を触られると、尾びれでたたいたりする可能性もある。厳しくて危険な動物だと認識した方がいい」

23日、地元の漁師たちが行っていたのが、海中に入れた鉄パイプをハンマーでたたき、イルカの嫌がる音を出す作業。

こうすることで、イルカが近寄ってこなくなるという。

7月には海開きを予定していて、海水浴シーズンは、少なくとも1日1回はこの作業を行うことにしている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

新規コメントの書き込み