気象庁の地震観測点で障害が発生し、緊急地震速報が最大で10秒ほど遅れるおそれがあることがわかった。

気象庁によると、22日午後1時半ごろ、石川・輪島市の舳倉島(へぐらじま)にある地震観測点で通信障害が発生し、観測データを気象庁に送ることができない状況となった。

この障害で、舳倉島の震度が発表できないほか、付近で地震が発生した際、緊急地震速報が最大で10秒ほど遅れるおそれがあるという。

6月19日に珠洲市で発生した最大震度6弱の地震で見積もると、1.2秒遅れることになるという。

23日午後5時現在も、復旧のめどは立っていない。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

新規コメントの書き込み