香港の6月15日(水)の注目ニュース4選として、7月2日に香港故宮文化博物館がオープン、香港ディズニーランドの花火ショーが再開、ジャンボレストランが40年以上の歴史に幕、オクトパスが年末に限度額の引き上げ予定という話題をご案内します。


■7月2日に香港故宮文化博物館がオープン

7月2日(土)に香港故宮文化博物館がオープンします。昨日から入場券の先行販売がオンライン上でおこなわれており、準備されたチケットの約3割(4万枚以上)が販売完了となっています。週末チケットは7割以上が販売完了となっているためお求めの方はお急ぎください。香港故宮文化博物館には、北京故宮博物院からの900点以上の展示物が展示されており、そのほとんどが香港での初公開となっています。

https://www.westkowloon.hk/en/hong-kong-palace-museum-exhibitions#overview



■香港ディズニーランド、花火ショーが再開

6月8日(土)から香港ディズニーランドでナイトタイムを彩る壮大なショー「Momentous」が再開します。20分間のイベントが毎週4~5回、音楽と合わせて花火や魔法と光のショーがおこなわれ、多くのディズニーキャラクターも登場します。



■ジャンボレストランが40年以上の歴史に幕

40年以上運営されていた香港の観光名所でもあった有名水上レストラン「ジャンボ・キングダム」が歴史に幕を下ろし、造船所への移動がおこなわれました。造船所ではジャンボ・キングダムの修理がおこなわれますが今後の移転先などは公表されていません。昨日は、香港市民らがジャンボレストランの最後の姿を見ようと押し掛けました。


■オクトパスが年末に限度額の引き上げ予定

オクトパスカード有限公司が、香港の交通ICカード「八達通(OCTOPUS)」の限度額を引き上げるためにシステムアップデートをおこなっていることを発表しました。限度額をどこまで引き上げるかは発表されていませんが2022年末に完了予定としています。

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み