岸田総理大臣は中国の習近平国家主席と初めての電話会談を行い、尖閣諸島や香港、新疆ウイグル問題を提起したうえで、懸案を含めて対話を重ねたいと伝えました。

 岸田総理大臣:「さまざまな問題もありますが、主張すべきは当然しっかりと主張しながら、本日の会談の踏まえ、今後とも習主席と率直に議論していきたいと考えています」

 また、岸田総理は来年の国交正常化から50周年を契機に「建設的かつ安定的な日中関係をともに構築すべきだ」と呼び掛け、習主席からも意欲が示されたということです。

 拉致問題を含めた北朝鮮への対応についても、日中両国で協力していくことで一致しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み