大阪市の宿泊施設で療養していた、新型コロナウイルスの陽性患者が、無断で帰宅したと大阪府が発表した。

この施設では、8月3日にも患者の無断外出があった。

大阪府によると6日、宿泊療養施設「大阪アカデミア」に入所した30代の男性患者が、「ほこりっぽいので部屋を代えてほしい」と申し出た。

施設が別の部屋を見せたところ、「元のところでいい」と言って自分の部屋に戻ったが、男性はその夜、無断でタクシーに乗って自宅に帰った。

男性は「部屋の衛生面がよくないので帰宅した」と話していて、そのまま自宅療養に切り替えたという。

この施設では、8月3日にも別の患者が無断で外出したことが判明していて、施設は、警備員を1人から2人に増やす対策を行う直前だった。

(2020/08/08)
#新型コロナウイルス
FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み