野党の合流を巡り、立憲民主党は焦点となっていた党名の決め方について国民民主党側が求める投票に応じる考えを示し、合流に向けて一歩前進しました。

 立憲民主党・福山幹事長:「(国民民主党)平野幹事長は、民主的な方法についてはこれでいくよねと、これで行くしかないよねというような感じは、それは何回もやっているわけですから、結論的にはそこは理解頂いていると思いますが、最終決定は党の代表等とも話をされなければいけないと思いますので」
 立憲民主党の福山幹事長は国民民主党の平野幹事長と会談し、新党に参加する国会議員を募ったうえで代表選挙を行い、代表と新しい党の名前を合わせて投票を行うことを提案しました。新党の綱領や代表選挙の規定を決めて、11日にも基本合意を目指したい考えです。これに対して国民民主党の玉木代表は、投票の提案があったことは評価するとしたものの、消費税や憲法などの重要政策については党首間で一致させるべきだとして、枝野代表に対し、党首会談を呼び掛ける考えを示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み