この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_207012/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=2mingaia_200804

長い梅雨が終われば、灼熱の季節がやってくる。「猛暑」も予想される夏…今年は、熱中症とともに新型コロナへの対策も求められる。その難題に新たな技術で挑む人たちがいた
“究極の氷”で、真夏の屋外飲食をサポート。
「人々が三密を避け、快適に夏を過ごせるように」…取り組むのは「金具」を扱うメーカー。意外な企業が夏に挑む、その行方を追う。

「単結晶氷」今夏のヒット商品となるか?

新潟県のサカタ製作所。金具メーカーであるにもかかわらず、今、「製氷」つまり「氷づくり」にも力を入れている。かき氷機の製作も手掛けていることから始まった取り組みだが、作っているのは、ただの氷ではない。きわめて透明度の高い「単結晶氷」だ。製造装置は長岡技術科学大学大学院と連携し開発。

池に氷が張るのと同じ「放射冷却」の原理で、上から下へ一方向だけで冷やして作るため、結晶が大きい、硬くて美しい氷を作ることができる。また、不純物も少ないため、飲み物の味わいも普通の氷を入れた時と比べ変わるという。

新型コロナの感染防止対策で、今、“密”を避けた屋外の飲食スペースが人気。設置する飲食店も増えてきている。
そこで、サカタ製作所の小林準一さんは、都内のホテルや飲食店に「単結晶氷」をアピールして回ることに。これから暑さの本番を迎える中、店の新たな売りになればと考えたのだ。
“究極の氷”は飲食店の一助となるのか?

この番組の本編はテレビ東京ビジネスオンデマンドでご覧いただけます。(入会月無料)

https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/gaia/vod/post_207012/?utm_source=youtube&utm_medium=meta&utm_campaign=2mingaia_200804

#サカタ製作所#単結晶氷#長岡技術科学大学#2分で見る#ガイアの夜明け#ビジネスオンデマンド

新規コメントの書き込み