アメリカのトランプ大統領は6日、安全保障に深刻な脅威をもたらす恐れがあるとして、中国のIT企業2社との取引を禁じる大統領令に署名しました。
大統領令では、「アメリカの安全保障や外交政策、経済を脅かし続けている」と指摘し、動画投稿アプリ「TikTok」を運営するバイトダンスと、通話アプリ「ウィーチャット」を運営するテンセントとの取引を禁じています。
来月20日に施行されます。
TikTokをめぐっては、アメリカのマイクロソフトが、アメリカ事業の買収交渉にあたっている一方で、トランプ大統領が、バイトダンスに対し、アメリカ事業を売却しなければ、来月15日から、アメリカ国内での利用を禁止すると圧力をかけています。
トランプ政権は今後、情報流出などの懸念を理由に、日本などの同盟国にも禁止を促す構えです。
一方、これに対し中国は、次のように述べ、強く反発しました。

◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1

◆公式SNSでも番組を配信中!
公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami

新規コメントの書き込み