与野党の国会議員が新型コロナウイルスの患者を受け入れた病院に対し、前年度より減った収入を全額、国が補償することなどを求める提言をまとめました。

 中谷共同代表:「各地の医療現場、体制整備、医療関係者も大変、疲弊をしておりまして態勢を整えるのも緊急のことでございます。国や行政が介入してまさに医療体制の整備をしなければなりません」
 提言をまとめたのは超党派の「コロナと闘う病院を支援する議員連盟」です。感染者を受け入れた病院が新規の入院の受け入れを制限せざるを得なかったり、受診控えが起きたりするなどして収入が減って「病院を維持していくことさえ難しい状況に陥っている」と指摘しました。そのため予備費を活用して感染者を受け入れた病院には、前年度からの減収分を100%公費で補償することを求めています。また、すべての国民がPCR検査などを受けられる体制の確立も求めました。来週にも政府に提言を出す方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み