大阪・伊丹空港のターミナルビルがリニューアルし4年半ぶりの全面開業を祝う記念式典がさきほど開かれました。
記念式典は午前10時から関西エアポートの社長らが出席し開かれました。
4年半かけて改装されていた空港ターミナルビルは、きょうから全面開業しました。
ビルには食事やショッピングのエリアを充実させ、新しく36の店が軒を連ねるなど、空港では、これほど大規模なリニューアルはおよそ50年ぶりだとしています。
新型コロナの影響で、航空サービスを取り巻く環境は厳しさを増しています。
多くの人を1ヵ所に集めて効率よく収益を図る手法は曲がり角を迎えています。
リニューアルでうまく上昇気流に乗ることが出来るか注目されています。

新規コメントの書き込み