海を一望できる客室に、重箱にぎっしり盛り付けられた海の幸。

2020年1月、感染が深刻化していた中国の武漢から、政府のチャーター機での帰国者を受け入れた千葉・勝浦市の「ホテル三日月」。

緊急事態宣言を受けての休業後、3日、およそ3カ月ぶりに営業を再開した。

営業再開前日の2日、ホテルの様子を取材すると、入り口にはアルコール消毒液と検温用のサーモカメラ。

これだけではない。

全ての客室にアルコール消毒ボトルを設置。

食事は、密を避ける3つのスタイルから選べる方式に変更した。

その1つ、バイキング会場では、席数を以前より減らして対応。

また、海の幸をたっぷり使ったお重を部屋に運んでもらうこともできる。

今回、初めて採用したこの重箱弁当。

その日仕入れた新鮮な海の幸を、ぜいたくに盛り付ける。

ホテルの名物、地上40メートルの高さから勝浦湾を一望できる「飛天の湯」も、脱衣所や洗い場の間隔を空けるなどの対策を講じ、営業を再開。

そして、ホテル前の砂浜では…。

ホテル三日月グループ 企画室・高橋司室長「今まさしく(夏用のイベント)オープンに向けて準備作業を行っている」

大きな苦難を乗り越えて迎える夏。

「ホテル三日月だからこその安心を届けることができる」と胸を張る。

ホテル三日月グループ 企画室・高橋室長「帰国者の方の受け入れ、ここも大きな経験の1つになっています」

営業再開初日に訪れた利用客は、「安心感のあるところに宿泊したいなと思いまして、きょうは楽しみに」、「ゆっくり今までのストレスも含めて、ゆっくりのんびりしていけたらなと。おいしいものも食べていきたいなと」などと話した。

ホテルの客室には、こうして足を運んでくれた利用客への「今は、マスクやフェイスシールドにて、とびっきりの笑顔でお迎えできないことが、とても寂しくありますが、心はひとつ またきてね」などというメッセージがそっと置かれていた。

ホテル三日月グループ 企画室・高橋室長「全スタッフが働ける喜びっていうのを感じました。そこに向けて準備もきちんと整えて、お客さんを迎え入れたい」

(2020/07/03)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み