梶山経済産業大臣は、二酸化炭素を多く排出する非効率な石炭火力発電所について、
2030年度までの休止または廃止に向けた具体策を検討すると表明しました。
石炭火力は国内の発電量の3割を占めますが、温室効果ガスの排出量が多く
国際的に批判を受けています。
政府は、石炭火力による発電量の半分を占める非効率な発電設備を段階的に削減し、
脱炭素の取り組みを強化します。
経済産業省は、月内に有識者による検討会を立ち上げて、
早期の休止または廃止を決めた電力会社への優遇措置など、
削減を促す具体策を検討する見込みです。
また、再生可能エネルギーの普及を進めるために
現行のルールの見直しも検討します。
石炭火力の削減で減る分の発電量は、太陽光などの再生可能エネルギーや
原子力発電で埋める考えです。

#石炭#火力発電#再生可能エネルギー#原発

◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1

◆公式SNSでも番組を配信中!
公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami

新規コメントの書き込み