衆議院の解散総選挙を巡る臆測が飛び交うなか、自民党の石破元幹事長は大義のない解散はするべきではないという考えを強調し、早期解散を牽制(けんせい)しました。

 石破元幹事長:「私はやるべきだと思いません。コロナの状況もそうです。何を争点として国民に問うのかということがない解散は、私はそれは憲法の趣旨に大きく反するものだと」
 石破元幹事長は衆議院の解散について、内閣不信任案が可決された場合など憲法に定められた規定にのっとって行われるべきと強調しました。そのうえで「今なら勝てるだろうというのは憲法の趣旨に反する」と述べ、早ければ今年秋にもという臆測が飛んでいる早期解散論を牽制しました。一方、岸田政調会長は河井夫妻の逮捕などを念頭に「自民党や政治の信頼回復のために、よほど努力しなければ大変なことになってしまう」と述べ、解散総選挙に備えて引き締めを図りました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み