東京都で2日、新たに107人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。

感染者が100人を超えたのは、5月2日以来。

都内での1日の感染者107人は、緊急事態宣言の解除後では最多で、100人を超えたのは5月2日以来。

都内の感染者は6月24日に55人が確認されて以降、50人前後で推移し、7月1日は67人だった。

都内ではこれまで、20代、30代の感染が多くを占め、新宿区歌舞伎町や池袋など、夜の街関連での感染が目立っている。

加藤綾子アナウンサー「二木先生。107人というこの数字をどうご覧になりますか」

二木芳人客員教授「一気に増えましたね。やはり、3桁に入ったのは大変大きな数字ですけれども、ただ増え方が急だということは心配ではあるんですけれども、この数字は想定の範囲内と。やはり、十分な対策がとられてこなかったということが、こういう形で表れてきたという風にとるべきじゃないかなと思います」

加藤アナウンサー「やはり集団検査をしてのこの結果が多くなっていると捉えたほうがよろしいんでしょうか」

二木客員教授「それもあるでしょうけれども、これが夜の街から少しずつ周辺に広がっていっているという可能性を徹底的に検討する必要があるかと思います」

加藤アナウンサー「その兆候もあるということですよね。さらに、東京都は感染状況などについて、新たに4段階に分け、警戒を呼びかけることを発表しました」

(2020/07/02)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

#新型コロナウイルス

新規コメントの書き込み