トヨタ自動車は本社などで働く正社員を中心に在宅勤務の制度を拡充し、今後、工場の従業員も対象にすることを検討します。

 新型コロナウイルスの感染が続くなかでトヨタは、在宅勤務制度について9月以降は一定の出社義務を撤廃するほか、在宅勤務の対象者を増やして制度を拡充します。データ分析などは在宅で効率的にできるとして工場の開発部門で働く従業員も在宅勤務の対象に加えます。生産ラインで働く従業員にも今後、制度の適用を検討していて、在宅で何ができるのかなど課題の洗い出しを進めています。トヨタは「IT環境も整い、テレワークで十分な成果が出ている」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み