日本航空は搭乗ゲートまで自動運転で進む車椅子を羽田空港に導入しました。自動運転の車椅子が空港に導入されるのは世界で初めてです。

 自動運転の車椅子は1日から羽田空港第1ターミナルの南ウイングに2台導入されました。日本航空などによりますと、自動運転の車椅子は出発時の保安検査場を通った場所に設置し、車椅子に備え付けられた端末の搭乗ゲートの番号をタッチすると自動で動き出します。乗客が降りた後は自動で元の場所に戻ります。走行中は車椅子に付いているカメラが人や障害物を検知し、近付くと自動でスピードを落として止まります。空港に自動運転の車椅子が導入されるのは世界で初めてだということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み