1日に通常の授業を再開した東京・港区の小学校で警察官が児童の一斉下校を見守り、交通ルールを指導しました。

 港区立青山小学校は新型コロナウイルスの影響で休校していましたが、1日に通常の授業を再開しました。一斉下校の時間に合わせて警視庁赤坂警察署の署員が学校の前や通学路に立って児童の下校を見守るとともに交通ルールを伝えました。いつもは春にしている交通安全教育が今年はできず、ルールに不慣れな児童が多いため、横断歩道の渡り方などを指導しました。また、東京・世田谷区で先月、スケートボードに乗った5歳の男の子が車にひかれて死亡した事故を受け、スケートボードやローラースケートなどの遊具は道路の上で使わないように注意を呼び掛けました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み