広告と区別のつかない番組で2つの地方テレビ局に放送倫理違反です。

 テレビ朝日系列の琉球朝日放送は去年9月、セブン-イレブンの沖縄進出を密着取材し、商品開発の舞台裏などを紹介しました。また、日本テレビ系列の北日本放送は去年10月、老後の資産形成について投資信託をアドバイスする会社の事業内容を紹介しました。BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会は「両番組とも広告放送であると誤解を招くような内容・演出になっていた」として、放送倫理違反との判断を示しました。琉球朝日放送は「今後の番組作りに生かして参ります」、北日本放送は「視聴者に信頼される番組作りに真摯に取り組んでいきます」とコメントしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み