大阪府泉佐野市がふるさと納税の新制度から除外されたのは違法として国に除外の取り消しを求めた裁判で、最高裁は大阪高裁の判決を破棄し、市の逆転勝訴の判決を言い渡しました。
この裁判は国がふるさと納税の新制度に移行する際、過去の寄付金の募集状況を理由に市の除外を決定をした判断の妥当性について争われていました。
最高裁は判決で過去の募集状況を元に判断することは「違法で無効だ」と指摘しました。

新規コメントの書き込み