旧優生保護法に基づき不妊手術を強制されたとして、東京都の男性が国を相手取り3,000万円の損害賠償を求めた裁判の判決で、東京地裁は請求を棄却しました。
判決で東京地裁は、損害賠償を請求できる期間が、既に過ぎていると指摘する一方、強制不妊手術については「憲法で保護された自由を侵害する」と述べました。

判決後、原告の男性が記者会見に臨み、無念の思いを訴えかけました。

#旧優生保護法#敗訴#原告#手術

◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1

◆公式SNSでも番組を配信中!
公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami

新規コメントの書き込み