大雨の原因となっている梅雨前線は27日夜にかけても九州から本州南岸に停滞するとみられています。

 このため、午後も九州では局地的に非常に激しく雨が降る恐れがあります。特に夕方から鹿児島県など九州南部を中心に活発な雨雲が掛かり続けます。予想される雨の量は九州南部で200ミリ、九州北部で180ミリなどとなっていて警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み