国連のグテーレス事務総長は8月6日に広島で開かれる平和記念式典について、欠席する意向を明らかにしました。現職の事務総長として10年ぶりに参列する予定でした。

 国連・グテーレス事務総長:「今年は本当に広島の式典に行くつもりでしたが、恐らく私の出席は現実的ではありません」
 新型コロナウイルスの感染拡大でアメリカから日本への入国制限が続いていることなどから、グテーレス事務総長は25日に広島市で開かれる平和記念式典に欠席する意向を示しました。また、「いかなる場合でも日本と広島の人々に力強いメッセージを送る」と強調しました。おととしは長崎の式典に出席していて、原爆投下から75年になる今年、広島の式典に現職の事務総長として10年ぶりに参列して核軍縮に向けた決意を表明する予定でした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み