アメリカのトランプ大統領が、「新型コロナウイルスの検査態勢を縮小するよう指示した」と発言したことについて、民主党のバイデン前副大統領は25日、「国民をもっと気にするべきだ」と強く非難しました。
トランプ大統領をめぐっては、20日に開催した選挙集会で「検査を増やせば感染者の数が増えるので、検査のペースを遅らせるよう指示した」と発言し、野党民主党が反発しているほか高官が釈明する事態となっています。
一方、バイデン前副大統領は「検査は命を救い、経済再開のための鍵となる」と強調し、トランプ大統領を批判しました。

新規コメントの書き込み