新型コロナウイルスへの警戒が続く中、「職場内クラスター」対策について、経団連が「オフィスにおける感染予防対策ガイドライン」を作成しています。

 座席は「できる限り、対角または横並び」に座り、「最低でも1メートル空ける」と記しています。▼換気は「1時間に2回以上」することを提唱しています。▼会議は「オンライン」を推奨しますが、できない場合は「近距離や対面に座らないよう、椅子を減らすなどの工夫をするよう」呼び掛けています。▼「面接や会社説明会、名刺交換などもオンラインで行うよう」検討を呼び掛けています。▼出張のシーンでも「面会相手、経路、場所などを記録に残すよう」求めています。

新規コメントの書き込み