東京・江戸川区の園芸農家で、夏を告げる特産品のアサガオが出荷の最盛期を迎えています。

 青々と茂る葉や弦の間から顔をのぞかせるのは、赤や青の色鮮やかなアサガオの花です。今年はコロナウイルスの感染拡大防止のため、例年は東京都内各地で開催されている「アサガオ市」は中止となってしまいました。しかし江戸川区の江戸川農園では例年より数は減らしたものの、12種類・800鉢の色とりどりのアサガオを栽培していて、常連客からの注文や通信販売のために朝から出荷作業に追われています。

 この園芸農園では7月中旬までアサガオの販売をしています。

新規コメントの書き込み