京都大学に総額100億円を寄付すると発表しました。

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は京都大学の本庶佑特別教授らのがん免疫療法の研究に50億円、山中伸弥教授らによるiPS細胞を量産するプロジェクトに45億円、iPS細胞研究所が進める新型コロナウイルスの研究には5億円寄付するとしています。柳井会長兼社長は「100年に一回の危機で、国ができないことを民間でできれば」と話しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み