通常国会は会期を延長せず閉会しました。
しかし永田町では総裁任期が一年あまりとなった安倍総理大臣の後継、
「ポスト安倍」をめぐる動きが活発化しています。

この日、自民党本部で開かれたのは新型コロナウイルス収束後の
日本の対外的な戦略を議論する会議。

この会議の中心人物は…
ポスト安倍と目される一人、岸田政調会長です。

(岸田氏)
我々はコロナとの戦い、長期戦の様相を呈するなかにあって
その先のことについても政治の責任としてしっかり考えていかなければなりません。
ぜひしっかりとした議論を行っていただき、
自民党として政治として大きな責任を果たせるように努力を心からお願いする。

表向きは「ポストコロナ」に向けたビジョンを検討する会議ですが、
実態は岸田政調会長がポスト安倍として
存在感を示していくための会議とも受け止められています。

総理を目指す政治家は、しばしば議員連盟や勉強会を立ち上げて、
仲間を作ってきました。
安倍総理も一次政権発足前には、
「再チャレンジ議連」というものを立ち上げていました。

この岸田氏の会議で、座長を依頼されたのが
麻生派の甘利税調会長です。

(甘利氏)
岸田政調会として大きな功績が歴史を振り返ったときにできたと言われるように
ぜひしていってもらいたい。

甘利氏が所属する麻生派は党内第二派閥。
従来から岸田氏支持に動くとみられていて、
岸田氏には総裁選に向けて、麻生派との連携を
堅いものにしたいとの狙いがあるとみられます。
しかし麻生派の別の議員は
岸田氏に対する不信感を隠しませんでした。

「岸田さんサイドから、なにもアプローチはきていない。
トップ同士が約束しても本気で岸田さんを担ごうという気持ちにはなれない」

さらに別の会合にも甘利氏の姿がありました。

(甘利氏)
強い要請を受けて断り切れ…、喜んで顧問に拝命する甘利です。

甘利氏が冗談交じりに挨拶したのは、
下村選対委員長と稲田幹事長代行による議員連盟です。
この会議も、麻生派との連携を意識したのか甘利氏が呼ばれました。

(下村氏)
コロナウイルスと共に生きるwithコロナ、収束した後のafterコロナの社会を見越
した上で、大胆な国家ビジョンを提言するため/新しい日本の未来を目指していく。

その名もWithコロナAfterコロナを考える議員連盟。
党内最大派閥であり、安倍総理の出身派閥である
細田派に所属する下村氏と稲田氏。
岸田氏と同じテーマ「ポストコロナ」で
議連を立ち上げ、ポスト安倍候補として存在感を示していきたい考えです。

稲田氏周辺によると、稲田氏は若手議員に直接電話し、
会議への参加を呼び掛けていたといいます。
ただ岸田氏を意識したような動きにある若手議員は

「誰が参加したかチェックされている。
自分は巻き込まれたくないのでこの議連には行かない」

こうした会議や勉強会立ち上げとは別の方法で
ポスト安倍に辿り着こうとしているのが石破元幹事長です。

(石破氏)
広く国民におたずねすれば自民党の支持以外の方々、
無党派層も含めて私の支持が高い。あるいは無党派とはいえ、
自民党はいいんだけどね、違う総裁であったらもっと良いんだけでという、
そういうのも全部足せば国民全体出言えば私の方が上に行くこともあるということでしょう。

テレビ東京と日本経済新聞の世論調査で「次の総理は?」との質問で、
石破氏は、安倍総理を押さえてトップ。
こうした世論を背景に自信を見せます。さらに…

(石破氏)
講師に党全体の幹事長である二階先生に講演をお願いできないかと言う話。

石破幹事長室入り

これまで距離をとっていた二階幹事長に対し、
石破派研修会での講師を依頼。
二階氏もこれを受け入れ党内に驚きが広がりました。

党内での支持が伸び悩む石破氏が、
影響力のある二階氏と手を結んで、
多数派工作に乗り出したとの憶測を呼んでいます。

ただ二階氏側はこの直後に安倍総理側に対し、
「幹事長として党内派閥のセミナーを受けただけだ。
他意はない」と説明したといい、
石破氏の思うようにいくかは見通せません。

ここに来て求心力に陰りが見える安倍政権。
ただ安倍総理に取って代わる候補もいないなかで、
次期総裁を目指すレースがスタートしています。

新規コメントの書き込み