命知らずの男性が世界記録を更新しました。

ケーブルカーを支えるケーブルの上を綱渡りで歩くのは、
スイスの綱渡り冒険家、フレディ・ノックさん。
標高はなんと3000メートル。
しかも目隠し状態です。

ここで挑戦は終了かと思いきや・・・
お次はケーブルの上を自転車で綱渡りです。

このショーの主催者によりますと、ノックさんは、
「39.1度以上の角度の斜面で40mにわたってバランスをとること」、
「ケーブルカーのケーブルの上で367mにわたって自転車をこぐこと」
そして「そのケーブルで151.1mにわたって目隠しで歩くこと」
という3つの世界新記録を樹立したということです。

ノックさん
「今この状況で、私は複雑な感情を持っています。
“withコロナ”の状況で、今何が起きているのかを考えるとストレスを感じてしまいます。
そう このショーはアーティストにメッセージを伝えるためにやったんだ。」

ノックさんらは、新型コロナの感染拡大で影響を受けた世界中のアーティストを支援するために、このショーを行ったということです。

そのほかのアーティストによるパフォーマンスもご覧ください。

#綱渡り#フレディノック#アルプス#世界記録

新規コメントの書き込み