韓国・ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の周辺で、慰安婦支援団体と保守系団体が集会の会場をめぐって対立していて、現場は騒然としている。

慰安婦支援団体は1992年から、毎週水曜日に日本大使館前で日本への抗議集会を行ってきた。

しかし、団体による寄付金などの不正疑惑が発覚すると、対立している保守系団体が集会を阻止しようと、先に会場の使用を地元警察に申請して認められたため、28年目にして初めて支援団体は慰安婦像前で集会ができなくなった。

このため、支援団体に賛同する学生グループは23日から、慰安婦像と自分たちの体をロープで結びつけて抵抗している。

多数の警察官が駆けつけていて、24日正午の集会を前に、日本大使館前の現場は騒然としている。

(2020/06/24)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

#慰安婦支援団体

新規コメントの書き込み