新型コロナウイルスの被害が深刻なアメリカ・ニューヨーク州で、今週末から一部の経済活動が再開される見通しとなりました。
ニューヨーク州のクオモ知事は11日、州内の3つの地域について、経済活動の再開に向けた全ての基準を満たしたとして、外出制限の終了後、建設業や製造業などに限って再開すると発表しました。
また、州の全域で、感染リスクの低い屋外での活動が認められ、テニスやドライブイン方式の映画館などが対象となります。
ただ、感染者が集中するニューヨーク市は、再開の条件を満たしておらず、制限が延長される見通しです。
こうした中、感染者の数が1日あたり1万人規模で増加しているロシアでは、プーチン大統領が、経済活動の制限を12日から段階的に解除すると発表しました。
12日以降は、地域ごとの感染状況に応じて、知事らが制限の緩和を判断するということです。
#新型コロナウイルス#ニューヨーク州#クオモ知事#経済再開#ロシア#プーチン

新規コメントの書き込み