政府の緊急事態宣言から一夜明けて、けさの東京は通勤客などの人出が一層、少なくなっています。
大手百貨店などの商業施設は、きょうから臨時休業に入るところが相次いでいます。

在宅勤務などの広がりで通勤する人が減っていた東京・丸の内はけさ、マスク姿のサラリーマンが一層少なくなっていました。

三越伊勢丹ホールディングスは、三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹新宿本店など、首都圏の6店舗をきょうから全館で休業します。
一方で、小田急百貨店の新宿店と町田店など、食品売り場のみ営業を続ける店舗もあります。

ボウリング場などを展開するラウンドワンは、すでに実施している全国103店舗の臨時休業を来月6日まで延長します。
これまで平日は営業していたTOHOシネマズなど都内の映画館も、相次いできょうから休業となっています。

新規コメントの書き込み