アメリカのトランプ大統領は7日、新型コロナウイルスへの対応をめぐって、「WHO=世界保健機関が中国に偏りすぎている」と非難しました。
今後、拠出金の支払い停止を検討するということです。
トランプ大統領は、1月下旬にアメリカ政府が、中国からの入国禁止措置を決めた際、WHOがそれに否定的な見解を示したことに触れ、WHOは多くの判断を間違えたと批判しました。
その上で、WHOは、「中国に偏り過ぎている」としてアメリカが現在支払っている拠出金の停止を検討すると述べました。
トランプ大統領は、「WHOは、アメリカから多額の資金を受け取っている。拠出金の停止は、極めて強力なものとなる」と強調しました。

新規コメントの書き込み