新型コロナウイルスの感染拡大に絡み、衆議院の大島理森議長は今後の国会について「どういう事態になっても国民の負託に応えなければならない」とし、休会する考えがないことを強調しました。

 衆議院・大島理森議長:「衆議院といたしましては引き続き、感染予防の措置を徹底しつつ、休会はせず立法や行政監視などの任務を遂行し、どういう事態になっても国民の負託に応えなければならない」
 また、国会で感染者が出た場合の対応については「具体的な方法は色々ある。各党・各会派で話し合うことが大事だ」として、今後、議院運営委員会で協議していく考えも明らかにしました。安倍総理大臣が夕方に出した緊急事態宣言について、「様々な措置が可能となるが、特別措置法に基づく権限を適切に行使していくよう求める」と注文を付けました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

  1. Levitra Ossido Nitrico kizbruix where to buy cialis cheap slerysfuff How Long Do Zithromax Side Effects Last


新規コメントの書き込み