地元の町長らへの現金の受け渡しが問題となっている自民党の河井克行前法務大臣が約40日ぶりに国会に出席しました。

 河井議員は妻の案里参議院議員の去年夏の参議院選挙を巡り、秘書らが公職選挙法違反の罪で起訴されています。さらに、地元・広島県の首長や議員らからは「克行議員や案里議員から現金数十万円を渡された」との証言が相次ぎ、このうち現金20万円を受け取った広島県安芸太田町の小坂町長は7日に辞表を提出しました。しかし、河井議員は報道陣の質問に一切答えず、進退についても言及することはありませんでした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み