新型コロナウイルスの感染拡大防止の一環として、小泉進次郎環境大臣は閣議後の会見を屋外で行いました。

 小泉大臣が7日朝に会見を行ったのは、国会議事堂の前に臨時で設けられたスペースです。閣議後に定例で行われる大臣の会見は普段、各省庁の会見室や国会の廊下などで行われていて、屋外で行われるのは異例のことです。小泉大臣は会見のなかで、安倍総理大臣が7日に発令する見通しの緊急事態宣言に触れ、「政府が危機感を国民の皆さんに示せるかどうかが非常に重要だ」と強調しました。また、テレワークを前提とした勤務体制に移行するなど、環境省における感染防止策をさらに徹底するとしました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み