新型コロナウイルスの感染拡大により、「医療崩壊」への懸念が拡大するなか、政府は経済界に医療機器の増産を要請しました。

 梶山経産大臣:「必要性が高まるものと見込まれる物資の確保のために、皆様方の協力を頂きたいと思います」
 経団連・中西会長:「なかなか難しいところはあるんですけど、やってみようと」
 医療崩壊を防ぐため、政府は7日に取りまとめる緊急の経済対策で人工呼吸器やECMO(体外式膜型人工肺)などの増産を支援する予定です。梶山大臣は「人工呼吸器は国内で一台でも多く生産する必要がある」として、空いている製造ラインの活用などを要請しました。これに対し、経団連の中西会長は「医療機器の生産は国の規制もあり、そう簡単ではない」としながらも「国難なので、全面的に協力したい」と応じました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み