アメリカで新型コロナウイルスによる死者数が突出しているニューヨーク州は6日、市民が「密集した場合」の罰金を、これまでの倍の1,000ドルに引き上げると発表した。

死者数が4,700人を超えるニューヨーク州では、気温が上昇した週末、公園などに外出する人が増えた。

このため、クオモ知事は6日、他人との距離をおよそ1.8メートル以上保つ「ソーシャルディスタンス」を守れない場合の罰金の上限を、現在の500ドルから倍の1,000ドルに引き上げることを表明した。

クオモ知事は、1日の死者が2日連続で600人を下回り「横ばい」だったことから、「ピークに到達しているかもしれない」と分析したが、引き続き油断をしてはならないとして、事実上の外出禁止を4月29日まで延長した。

一方、マンハッタンの病院前では6日、看護師らが、医療用マスクやガウンなどの不足の現状を訴えるデモを行った。

看護師は、「ここに集まっている医者や看護師たちは、不必要にコロナウイルスにさらされている。コロナに感染して亡くなった仲間の死も防げたはず」と話した。

(2020/04/07)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み