慶応義塾大学病院は、研修医18人が新型コロナウイルスに感染し、集団感染が発生したと発表した。

慶応大学病院によると、3月31日、研修医1人の感染が判明したため、接触した可能性がある研修医99人を自宅待機としてPCR検査をしたところ、あわせて18人の感染が確認されたという。

研修医およそ40人が集団での会食に参加していたことがわかっているが、参加していなかった研修医も感染していることから、さらに調査が進められている。

慶応大学病院は、集団での会食について、「患者さんを守るべき医療者として許されない行為で、医師としての自覚が欠如していたと言わざるを得ない」とコメントしている。

(2020/04/07)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み