タイでは「新型コロナ」で生活に困っている人にお寺が弁当を配布です。

 食事を受け取った人:「仕事を失って困っている。今は食べ物を買うのにも苦労している人がたくさんいるから、とてもありがたい」
 バンコクにあるお寺では、僧侶が人々から食事の寄付などを受ける托鉢(たくはつ)を取りやめて炊き出しを行い、市民に食事の提供を始めました。調理はボランティアが行い、集まった人は距離を開けながら1人ずつ弁当を受け取りました。タイでは2220人が新型コロナに感染していて、特に貧困層への対応が課題となっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み