アメリカ・ニューヨークの動物園で飼育されているトラが新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。せきの症状がみられるということです。

 感染が確認されたのは、ニューヨーク市のブロンクス動物園にいる4歳の雌のマレートラです。動物園によりますと、他に3頭のトラとアフリカライオン3頭もせきをしていて食欲が低下していましたが、回復傾向にあるということです。ブロンクス動物園は先月16日から閉鎖されていますが、世話をしていた飼育員からトラに感染したとみられています。7頭がせきをしていたものの、大型動物の検査には全身麻酔が必要で、1頭のトラのみ検査したということです。アメリカでは、トラが新型コロナウイルスに感染したケースが確認されたのは初めてです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み